2016年8月18日木曜日

わいた温泉の蒸気にまみれる

みなさん、こんにちは。
よっこらです。

先日、人生初のわいた温泉に行ってきました。

わいた温泉郷に近づくにつれ、硫黄のにおいが♪
気分も盛り上がってきます。

車窓から見えた蒸気に駆け寄る娘~!!

娘 わぁ~。(喜)
母 わぁ~!!(恐怖)


 危なくはないようで、ひとあんしん。
 娘よ、心配かけないでおくれ。

 わいた温泉郷の街中に入るなり、あちこちの民家から蒸気が出ています。




 ここが、一番の蒸気場です。
 


 裏手に回ると天然の蒸し場があります。
 

 
  町中でも、もくもく。                   


 町はずれでも、もくもく。

 
 これら以外にも、壁から、道路から、色んなところから蒸気が出ています。

 是非わいた温泉郷のまちなかに入ってみてください♪  (よっこら)
 

2016年8月10日水曜日

くまもと「火の国まつり」おてもやん総踊り

毎年8月上旬に熊本市内で実施される「火の国まつり」の
おてもやん総踊りに県庁連として、参加してきました。
県庁連を先導してくれるのは…
そう、くまモンです。
とっても暑い中、くまモンの元気いっぱいの姿に
我々も元気をもらいました。
大西熊本市長の震災からの復興の思いを込めた
素晴らしい開会宣言のあと、白い風船を空へと飛ばします。

たくさんの風船が空を舞う眺めはとても素敵でした。
復興への願いを託すような、幻想的な光景です。
そして、そのまま「おてもやん総踊り」へ
計62団体が参加し、熊本市内の街中でおてもやんを踊ります。

今年で39回目の「火の国祭り」
とっても熱い祭りでした。(ロック)

2016年8月9日火曜日

「夢 くまモン 応援隊!」~応急仮設住宅に「みんなの家」ができたモン!~

(お、くまモン隊長とワンちゃん。仲良くなれるでしょうか・・・)
お!
おお!
すっかり打ち解けて・・・
あらら・・
みなさん、こんにちはロックです。
今回の「夢 くまモン 応援隊!」の取材では、
熊本地震で被災された方たちが住む応急仮設住宅に建設された
住民の方々が集うコミュニティの場、「みんなの家」について取材しました。
(西原村小森第1団地に建設された「みんなの家」)
「みんなの家」とは、東日本大震災のときに被災者の孤立を防ぎ、
コミュニティづくりにつながるように集会施設として建てたものが始まりです。
(甲佐町白旗団地に建設された「みんなの家」)




「みんなの家」は、被災者の方々が少しでも安らぎを感じることができるよう
県産木材や畳を使用し、また土間や縁側も備え、
誰でも気軽に立ち寄ることができるようにしています。
くまモン隊長、すっかり畳のいい匂いに夢中でした。

「夢 くまモン 応援隊!」~応急仮設住宅に「みんなの家」ができたモン!~
の視聴はこちらからどうぞ。
(ロック)

2016年8月2日火曜日

「夢 くまモン 応援隊!」熊本の魅力を県南の「食」で支えるモン!〜くまもと県南フードバレー構想〜


みなさん、こんにちは。ロックです。
今回の県政テレビの取材では、「食」をテーマに
県南地域の活性化を目指す「くまもと県南フードバレー構想」を取材しました。
平成25年3月に「くまもと県南フードバレー構想」が策定され、
これまでの3年間で、新商品の開発や販路拡大の加速化、
異業種連携など、様々な取組みが数多く生まれてきました。
こちらは「くまもと県南フードバレー」の新ブランド「RENGA(れんが)」のロゴです。
新ブランド「RENGA」は、火の国・熊本の魅力を南から熱く支える」というコンセプトで、
熊本の「熊」の文字を支える部首「"連火"(れっか、れんが)="火"」の
イメージを具現化したものです。
この「RENGA」ブランドを活用して、県南地域商品の更なるブランド力向上を図り、
県南地域商品を詰め合わせた「RENGA BOX」などの
魅力的な商品を作っていきたいとのことでした。


はたして、隊長はぶどうを我慢できたのでしょうか・・・。
だるまさんが・・・・
転んだ!
(・・・・)
人吉市の公園で見つけたくまモン(隊長)デザインの遊具です。
隊長もとても嬉しそうでした。
ちぇっくま☆

「夢 くまモン 応援隊!」
熊本の魅力を県南の「食」で支えるモン!〜くまもと県南フードバレー構想〜
放送:8月17日(水)
放送局:RKK熊本放送
放送時間:19:50~19:56
※放送1週間後、「Movie!くまもと」にてもご覧いただけます。

(ロック)

2016年7月29日金曜日

オール巨人師匠ご来熊

 みなさま、こんにちは。
 
 今回は、嬉しいニュースをご報告!

 な・なんと、あの吉本興業の「オール巨人」師匠が、熊本を訪問され、わざわざ県庁にもお立ち寄りいただきました。
 
 あまりにも突然の訪問で、スタッフは大興奮♪

 テレビで拝見するのと同じく、背の高いとってもダンディな方でしたよ。

 義援金の贈呈をはじめ、職員との記念撮影にも応じていただきました。

 本当にありがとうございました。





2016年7月27日水曜日

【くまもと名所行脚】 ~パワースポット!国宝 青井阿蘇神社 and more~

みなさん、こんにちは。ロックです。久々の「くまもと名所行脚」シリーズ。
今回は熊本県南部の人吉市にある「青井阿蘇神社」に行ってきました。

地元の人々から「青井さん」と親しみを込めて呼ばれている「国宝 青井阿蘇神社」。
「阿蘇神社」(阿蘇市)に祭られる12神のうち3神を分祀し、
約1,200年もの間あつい信仰を集めてきました。
 写真は相良藩時代から人吉の歴史を見続けてきた楼門。
細部に見られる彫刻や装飾は約1,200年前の建立当時から残る貴重なものです。


風格漂う楼門や社殿などは桃山様式と
人吉地方独自の様式が融合した独特のもので、
平成20年に国宝に指定されました。


続いては、人吉市内にある町湯(共同浴場)へ。
湯の町・人吉市には“町湯”と呼ばれ親しまれている共同浴場が20軒以上もあります。
こちらの「新温泉」は、昭和6年(1931年)に創業。
戦前に建てられた姿がそのまま現存し、
80年以上にわたって続いている貴重な公衆温泉です。
※私以外にお客さんがいらっしゃいませんでしたので、
お店の方に許可を取り、撮影させていただきました。
昭和のレトロな古き良き佇まいの町湯。
本当にタイムスリップしたかの様な空間です。
とってもシンプルな浴場。
お湯もとっても気持ちよかったです。
入口の番台、脱衣所に置かれた体重計や壁に掲げられた看板。
とてもノスタルジーな気分に浸れます。

この夏、皆さんも人吉市へ癒しとパワーを求めにいかがでしょうか。(ロック)